2007年10月07日

ディズニーキャラクターの実物・・・

ディズニーキャラクターの画像でちょっと気になることがあります。
ミッキーマウスやドナルドダック最近のキャラクターならトイストーリーのバス、やウッディ、みんなアニメーションのキャラクターですが、ディズニーランドなんかでは当然ながら着ぐるにの実物キャラです。これってそれを見た子供たちは違和感を感じないんでしょうか?
テレビなんかでアニメに慣れてしまってると、実物で見せられたらなんか引いてしまうように思います。それとも感覚的にスンナリと
はいっていけるんでしょうか?ちなみに私の場合ディズニーキャラクターではありませんが、小さいときアニメの鉄腕アトムになじんだ後、実写のアトムをみてウゲ!と思った記憶があります・・・。

2007年09月20日

ディズニーのパソコン

ディズニーキャラクター画像ではパソコンにもその範囲が及んでいる。
マウスとか、マウスパットなんかは結構インパクトがあります。ふだんん使っている会社や家のパソコン関連でディズニーキャラクターが使われてるというシーンがありませんから特にそうおもうのでしょう。
ミッキーマウス、くまのプーさん、ドナルドダックにバズライトイヤー・・・。
味気ないパソコン備品もこのような画像をつけることでガラっと雰囲気が変わります。ミッキーマウスのマウスパットではハートがたになったぱっとにミッキーが印刷されていてなかなかいい感じです。

2007年09月18日

ディズニーの商品券

ディズニーのキャラクター画像はいろいろな分野で商品化されていますが、そのなかに子供商品券というのがあります。額面は500円と1000円で、それに使われているディズニーキャラクターは発行される年によって違います。ちなみに、2004年はプリンセス(アリエルとかシンデレラなどのお姫様が描かれています。)後はトイストーリーのバズライトイヤー。あと定番のミッキーなんかが使われていました。2005年はミッキーマウス。2006年はくまのプーさん。使われてるキャラクターはディズニーを代表するメインキャラクターです。ディズニーキャラクターの画像をこのようなところでもみることができるのはなんとも楽しい気分です。

2007年09月12日

ディズニーキャラクターの壁紙他

ディズニーのキャラクター画像といって思いつくのは壁紙とか、待受画像とか、スクリーンセーバーです。私の中では。次にキーワード検索をしてみると、ディズニーキャラクターの壁紙が上位にランクされていてこれは納得といったかんじです。次はディズニーキャラクター紹介。う〜んなるほどそうくか〜。更にディズニーキャラクター名前。シブイ〜。確かにこれって結構直感てきにわかる気がする。ストレートですね〜。頭ではキャラクターの画像が思い浮かんでるんだけど、名前がわからなくて、そういう検索をする人が多いって事なんでしょうか。まぁ作品が多いですから、その分主人公あり、脇役ありでそりゃーいろんなキャラが出てきてわからなくなるってのはある意味当然ですね。

2007年09月11日

ディズニーのキャラクターでインパクトがあるのは?

ディズニーのキャラクター画像でもっともインパクトがあるのはどんなものだろうか?と思い早速検索してみました。するとさすがに昔からあるミッキーマウスやドナルドダックといったキャラクターは最近のCGを駆使して作られた作品のものよりやんわり系を感じさせます。ファイティングニモやライオンキング、リロ&スティッチ、あとカーズなんかはかなりディズニーのキャラクター画像としてはインパクトがあると思います。更に技術が進んでいけば今とはまた違った、そして想像を超えるような画像が想像されるかも知れません。一昔前は携帯の待受画像に
好きなキャラクターの作品を貼り付けるなんて想像できませんでしたが、もしかしたらそれようのキャラクターが生み出されたりするかも知れませんねぇ。

2007年09月09日

ディズニーのホームページ画像

ディズニーの公式ホームページを覗いてみました。私のイメージとしてはミッキーとか、ドナルドダックのようななじみの(あくまで私にとってですが・・)キャラクターがバーンとでてくると思っていましたが、実際は違ってました。動きのあるホームページで、ハイスクールミュージカル2という宣伝や、いろんなキャンペーンの宣伝をメインに持ってきて、その下にミッキーマウスやプリンセス、スティッチなんかの画像がアップされているといった感じでした。やっぱり昔からのキャラクターばかりに頼ってるわけじゃないんですね。あたりまえですが。

2007年08月18日

ターザン

ターザンというディズニーアニメがある。ターザンの話は
昔から映像化されていて、大人なら大抵の人が見たことがある映画、つまり話の内容はしってるはずである。しかしこの映画、大人が観ても
十分楽しめるのである。何故か?それは映像の美しさや、動き、テンポのよさ、音楽・・・それらがうまくコラボされ、かつクオリティーが高い。なのでストーリーそのものはわかっていても見ているうちにどんどん引き込まれていく。まったくのオリジナルを作る場合、何かのリメークを作る場合、いずれにしても押さえどころがわかっていてハズサナイところはさすがといったところか。観終わって、う〜ん、楽しかった!と満足してしまう。もちろん、好みはあるだろうから、感じ方も
それぞれではあるだろうが、大人も子供も一緒に楽しめるよい作品だと思います。

2007年08月14日

アリエル

アリエルは、リトルマーメイドという映画の主人公の人魚の名前である。ディズニーの仲間では比較的新しいキャラクターである。
アリエルのキャラクター名でインターネットを検索すると意外にこれが
少ないのである。なぜ?と思うのだが・・・。
キャラクター画像でもそれほど多くはないようで、
これまた意外である。間違いなく、小さい女の子には人気があるのだが。子供達には受けてもその親にはインパクトが無いということなのかもしれない。アリエルが携帯の待受でランキングをあげたり、
ミッキー、ドナルドのようなキャラクターになるのにはあと10年はかかるのかも知れない。それとももっと他に理由があるのだろうか・・・?どちらにしてもとても魅力ある女の子だとは
思うのだが?

ドナルド

ディズニーのキャラクター画像でミッキーマウスの次に多いのはドナルドダックだ。ドナルドはミッキーと同じようにオールドファンに
懐かしい、昔からのキャラクターでミッキーと双璧をなす代表キャラクターである。当然携帯待受でも人気が
ある。またフィギュアなどでもいろんなバージョンが出回っている。
全世界でどれ程のドナルドが子供達のそばですごしているのか?
それはわからないが、昨日より、今日、今日より明日のほうが
その数は増えているのではないだろうか?オールド+ニューで
ますます人気上昇といったところかもしれない。

キャラクターランキング

ディズニーのキャラクター画像でいろいろなサイトを探してみて
一番多いのはやはり昔からおなじみのミッキーマウスである。ミッキーマウスもいろいろな形で商品化されており、
買い物袋や、時計、カレンダーなどありとあらゆるところに
ミッキーマウスのキャラクターを使ったものが取り揃えられている。
彼には時代を超えた永遠性があるのだろう。
もしもミッキーマウスがいなければ今日のディズニーの繁栄はなかったのかもしれない。もちろん優れた戦略の賜物という部分はあるにしろ、その戦略を生かすも殺すもやはり彼そのものによるところは大きく
代わりを務めることのできるものを見つけるのはきわめて困難なのではないだろうか?ミッキーの一番の強みはその大きい耳であろう。
シルエットだけでもそれが何なのか、誰でもすぐわかる。目や耳をかかなくても黒い丸を3つ重ね合わせればそれで表現できてしまう。
単純にして非常に印象に残るデザインと言えるのではないだろうか。
この点も素晴らしいと思う。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。